So-net無料ブログ作成
検索選択

第4回運営委員会を開催

 本日(5日)午後6時より、ユニオン事務所にて、第4回運営委員会を開催しました。今回は、通常の議事の他、労働法制改悪に対しての新たな取り組みなどについて問題になりました。19日に日本労働弁護団が初めて主催する国会議員会館前行動に、東海ネットとして取り組むので、当ユニオンからも参加すること、それに伴いユニオンセミナーの日程を変更すること、また来月の23日(土)には名古屋・栄でも「人間らしい生活と労働の保障を」求めるシンポジウム・デモが予定されているので参加すること、などを確認しました。また、来月19日には「安倍内閣の暴走を止めよう集会」がまた開かれる予定なので、これにも参加することも確認しました。


 労働相談・交渉・労働委員会・裁判などなど、通常の取り組み、そして会議・学習会・セミナー・交流企画・『ふれあい通信』づくり、などの取り組み、そして組合員全体会も10月21日に予定している、という定例のユニオンの取り組みの他にも、労働者全体に関係する問題にも取り組んでいく必要があるでしょう。3日に発足した安倍改造内閣は「お友達」色を薄めたと言われますが、労基法改悪案を微修正を条件に容認しようとして反対された連合の神津会長と、加藤新厚生労働相とは、小中学校の同級生だそうで、新たな「お友達」になってもらっても困ります。労働者の生活と労働を労働者本位にしていくために、私たちも、がんばっていきましょう。

nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る