So-net無料ブログ作成

三河支部日本人部会・学習会を開催

 本日(25日)午後6時半より、豊橋カリオンビルにて、三河支部日本人部会・学習会を開催しました。三河より遠方からの参加者もおり、活発に行なうことができました。

 前半では18日のユニオン事務所での学習会と同様に、「解雇の金銭解決制度」と、「同一労働同一賃金」「長時間労働の規制」について検討しました。また後半では、「同一労働同一賃金」にも関係するユニオンの取り組みについての検討も行ないました。「働き方改革」の名の下で進められているこれらの施策に対して、いろいろな意見が出ましたが、ユニオンにもかかわる問題であり、今後も取り組んでいく必要を感じました。

 定期大会前は今回で終了し、次回は大会後の4月22日(土)に、豊橋カリオンビルにて、午後6時半から行ないます。皆さんの参加をよろしくお願いします。


ユニオンセミナー第7回を開催

 本日(24日)午後7時より、ユニオン事務所にて、ユニオンセミナー第7回を開催しました。今回は今期最後で、争議・裁判・労働委員会について学ぶことを課題とし、経験豊富なユニオンみえの広岡書記長を講師としてお招きしました。初めての参加者や静岡ふれあいユニオンの飛び入り参加の仲間を含め、10名規模で活発に行うことができました。

 浅野委員長の司会で、まず自己紹介を簡単に行なった後、広岡書記長の講演が始まりました。「労働委員会の活用と闘いの目的」と題した、一時間程度の講演でした。広岡書記長はまず、労働委員会の位置づけとして、労働組合法に基づいた、資本主義社会の一機構であり、これを活用し、委員や職員を訓練していくという姿勢が大切、としました。そして次に、ユニオンみえが取り組んできた闘いを紹介し、金銭や個人的な利益を求める目的では限界があり、労働組合としては、労働者皆の利益を実現しそのために団結を強めていくということが目的となること、また抗議行動や、ストライキや、悪質弁護士や社労士との闘い、裁判闘争など、多様なかたちで闘いを進めていることを浮き彫りにしました。

 講演の後、参加者からいろいろ質問や感想が述べられましたが、名古屋や静岡のユニオンでの闘いを進めている立場から、三重の闘いから学び取ろうという姿勢に基づいていたのが印象的でした。セミナーの性格にふさわしい講演で、参加者同士の交流も深めることができました。

 定期大会後、第2期のユニオンセミナーを行なうことも予定されています。多くの皆さんが、ユニオン活動を前進させていくために、参加するよう、よろしくお願いします。


三河支部会議を開催

 本日(19日)午前10時より、岡崎げんき館にて、三河支部会議を開催しました。今回も、新たな参加者を含めて日本人・南米人半々の参加で行ないました。今回は、ユニオン全体の取り組みの他、参加者や三河支部の他の組合員が当面している現状やとりくみに関して、検討したのが特徴的でした。その中で、昨日政府の「働き方改革」、特に今問題になっている「同一労働同一賃金」に関して学習したことを参考にしたりもしました。参加者は非正規労働者も多く、関心も高かったです。

 次回は定期大会を控えていることもあり、4月23日(日)午前10時から、岡崎げんき館で開催します。皆さんの積極的な参加をよろしくお願いします。


全国一斉ホットライン・組織強化会議・ユニオン学習会など

 今週も多忙な一週間でした。13日(月)には『ふれあい通信』の作成作業がありました。平日の午後6時からという変則的な時間でしたが、作業に支障がないほどの人が集まって無事作業を終えることができました。『ふれあい通信』は組合内・外における大事なパイプ役です。皆で盛り上げていきましょう。

 また17(金)・18日(土)の10時から18時まで、「長時間労働撲滅ホットライン」を全国一斉で(主催:コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク、協力:全国労働安全衛生センター連絡会議)、11都道府県で行ないました。当ユニオンでも、ホットラインの報を知って、とは限りませんが、その時間では6件ほどの電話相談がありました。労働時間の上限規制が社会問題化している中で行なった、意義ある取り組みでした。

 そして本日18日(土)は午後2時から、組織強化会議を行ないました。参加者は運営委員が主でしたが、会議では、ユニオンの現状を振り返ったうえで、専従・相談体制の充実、ユニオンの法人化の検討など、今後のユニオンの発展のために軸となる課題について時間をかけて検討しました。今後、4月の定期大会に向け、さらに議論を煮詰めていくことになりますので、意見を出し合っていきましょう。

 そして午後6時30分からは、ユニオン学習会を開催しました。今回は厚労省などで検討中の「解雇の金銭解決制度」についてと、「働き方改革」の全体、とりわけ最近焦点化している、「同一労働同一賃金」や「残業時間の上限規制」について、検討しました。新たな参加者も含め、今回も10名以上の参加で活発な議論となりましたが、「働き方改革」の名の下に、解雇の金銭解決制度にしろ長時間労働の規制にしろ同一労働同一賃金にしろ、私たちの労働条件をさらに悪化させることのないよう、がんばっていく必要があります。先日の団交の中でも、賃金格差をめぐって「同一労働同一賃金」との関係で議論になったりもして、こういう学習を実際の活動上も生かしていくことも問われました。定期大会前の学習会はこれで最後になりそうですが、実行委員会主催の3月23日の集会でも「同一労働同一賃金」が継続して問題にされたりもします。今後も引き続き学んでいきましょう。


第10回運営委員会など

 本日(4日)午後6時より、第10回運営委員会を開催しました。今回は通例行なうユニオン活動の確認の他、4月16日の定期大会に向けての準備の概要を確認することなどが中心となりました。定期大会を成功させ、次期のユニオンの活動の発展のために、組合員皆で頑張っていきましょう。

 またこの会議の中でも確認しましたが、先月26日に豊橋裁判所で派遣会社カナタを被告とした「地位確認等請求事件」の判決がありました。延期を繰り返していましたが、未払い賃金・慰謝料などについて認めた、勝利と言える判決です。派遣先との和解成立に続いてのこの判決で、14年6月の提訴以来の裁判を終えることとなりました。原告のペルー人M組合員、岡本弁護士をはじめ、皆さん、お疲れ様でした。


メッセージを送る