So-net無料ブログ作成

安倍政権の暴走を止めよう!4.19あいち集会・デモに参加

 本日(19日)午後6時30分から、名古屋・久屋広場にて、「安倍政権の暴走を止めよう!4.19あいち集会・デモ」が、安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会の主催で、800名を超える参加で開かれました。当ユニオンは、ちょうど賃金改善要求を掲げた職場分会の団体交渉も並行して取り組んでいたりなどしていて、この間よりも参加者は少なかったです。しかし、呼びかけ団体の仲間とともに5月13日の労働法制改悪反対集会のチラシを集会参加者に配布したり、震災までも政治的に利用しようとしている、悪政を進める安倍政権を一刻も早く倒さないといけないと怒りを込めて訴えた中谷雄二共同行動代表を初めとした発言に、声を出して応えたりして、積極的にがんばりました。また、午後7時からのデモでも、戦争法廃止などを軽快なリズムで訴えるサウンドカーでのシュプレヒコールに唱和して、戦争法廃止などを訴えてきました。

 貧困と戦争の危機をもたらす動きに反対しつつ、労働者の利害を守り発展させていくために、今後もがんばっていきましょう。


第18回定期大会。成功する

 本日(17日)の午前から午後にかけて、昼食休憩を挟んで、3時間半を費やして、ユニオン事務所近くの日本特殊陶業市民会館にて、第18回定期大会を開催しました。実出席60名余、委任状提出者を含めると3分の2近くの組合員の参加により大会は成立し、前期の活動を振り返り、今期の活動方針を確認したうえで、ユニオンの活動の屋台骨を支える運営委員会を選出することができました。また、8名の来賓の方々にご参加いただき、20数通のメッセージもいただいて、共に連帯して闘う意志も確認し合いました。

 午前11時、司会の開会宣言により、大会の議事を開始しました。まず大会を運営する議長・書記・選挙監理委員を選出し、浅野委員長のあいさつの後、参加いただいた7名の来賓の方々に発言していただきました。コミュニティ・ユニオン全国ネットワークの岡本事務局長や、コミュニティユニオン東海ネットワークの仲間の諸団体の方々らが、共に闘おうと力強く呼びかけてくださいました。そして、全国ネットの各ユニオンや。労組・個人から送られたメッセージを披露した後、顧問をお願いしている名古屋共同法律事務所の中谷雄二弁護士が、労働問題や、労働者に不利益をもたらす国の政策の問題に対して、団結して声をあげていこうと熱く訴えました。

 こうして連帯した皆さんに支えられていることを実感しつつ、議案の提案と審議に移りました。前期の経過報告・今期の活動方針提起・会計報告と予算提起、を、途中に昼食休憩も挟んで、それぞれ提案を行ない、一定の審議を経て、議案を採択しました。

 続いて、この1年間のうちにストライキを実行する可能性があることに備えた決議を、これについても一定の審議を経て、例年同様採択しました、この後者については投票を行ったうえで採択したため、開票作業中に、この間増加してきた各職場分会からのあいさつも受けて、闘いの広がりを確認しました。

 最後に、運営委員の選挙を行ないました。立候補者の一言アピールを受けた後、投票を行ない、新たな運営委員を選出しました。また、この開票作業中にも、困難な闘いをがんばっている組合員からの、支援要請も含めた訴えも受け、互いの団結も強めてきました。

 こうして大会は議事を終え、午後2時半に終了しました。その後、自由参加とはいえ、参加した組合員のほとんどと、最後まで参加いただいた来賓の方々とが参加して、一時間ほど、軽い飲食も交えての懇親会を行ない、歓談しながら交流を深めました。最後に皆で片付けを済ませ、午後4時頃、無事終了することができました。

 皆さんの協力でこうして大会も成功させることができました。5年前全国交流集会で訪れた熊本での大地震もそうですが、私たちは、予測困難な問題も含め、いろいろな現実に対応していかなければなりません。協力し、団結を強めつつ、ユニオンの総力で立ち向かっていきましょう。

 、


定期大会を成功させましょう

 昨日(13日)、17日に開催する定期大会に配布する種々の資料を作成するなどの作業を行ないました。ユニオンの規約で謳っているように、「大会は、この組合の最高議決機関であって、全組合員で構成」する大事な場です。そして、「大会は、全組合員の過半数の出席で成立する」のですが、当ユニオンのように、いろいろな場や形で就業していたり、その他さまざまな困難な「闘い」をしている組合員で構成している労働組合は、なかなか実際に大会の場に足を運べる組合員ばかりではないため、議案書を事前に検討したうえで委任状提出というかたちで参加してもらう組合員も含めての過半数の参加で成立している実情もあったりします。そういう大会を定期的に年一回開くことによって、毎年新たなスタートを切っています。組合員同士、仲間が実際に顔を合わせることもできる場です。ぜひ、定期大会に参加し、成功させ、これからのユニオンの発展を切り拓いていきましょう。


「ふれあい通信」作成・第12回運営委員会

 昨日(2日)午後3時から、「ふれあい通信」の作成作業を行ないました。組合に加入したばかりの初参加者を含む十数名という大勢の組合員が参加して行なったことと、同封する定期大会議案書の最終確認を、この日の運営委員会で行なうため作業を中途で終わる必要があったこととで、この日の作業は手早く終わることができました。

 そして午後6時から、定例では今期最後になる第12回運営委員会を開催しました。今回は4月17日の定期大会を成功させるために、議案書の最終確認をはじめ、定期大会の運営についての確認などを行なうのが中心となりました。この議案書の最終確認にふまえ、議案書を印刷して「ふれあい通信」とともに送りますので、組合員の皆さんはこの議案書を事前に検討したうえ、大会に持参して参加してください。定期大会を成功させましょう。なお、本日の花見は天候等の理由で中止としましたので、ご了承ください。


メッセージを送る