So-net無料ブログ作成

三河支部会議を開催

 本日(27日)午前、岡崎げんき館にて、三河支部会議を開催しました。今回の参加者は、南米人は仕事など用事がある人が多く不参加で、日本人組合員のみでした。内容は、このかんの三河などでの取り組みと、今後の方針についての確認のほか、各組合員の現状を報告し交流し合いましたが、それぞれ大変さもある中で何とかがんばっていることを確認しつつ、それにまた励まされたりもしました。

 次回は定期大会後、ゴールデンウィークを過ぎて行なうことになりそうですが、また改めてお伝えします。お気軽にご参加ください。

<追記>(4月20日)次回は5月8日(日)午前10時から、岡崎げんき館で行ないますので、よろしくお願いします。


三河支部日本人部会・学習会を開催

 本日(26日)夜、豊橋カリオンビルにて、三河支部日本人部会・学習会を開催しました。今回は用事がある人が多く参加者は少なかったのですが、最近の、非正規労働者に関しての、「同一賃金同一労働」の実現をめざすとか春闘とかの動きを報じた新聞記事を題材にした議論や、参加者やユニオンの現状についての報告などを活発に行ないました。

 次回は5月14日(土)午後6時30分から、豊橋カリオンビルにて行ないます。定期大会後最初になります。新たに参加してくれる人、歓迎いたします。


シャープ闘争・安保法制反対集会・大会準備会議

 一昨日(19日)午後、浅野委員長は松阪で開かれた、ユニオンみえが主催したシャープ・ピノイユニティ闘争の決起集会に参加しました。14日に地位保全を申し立てた3名に対し訴えを認めた画期的決定を津地裁が行ったことを受け、この集会で、今後も闘争を継続していくことを確認しました。私たちも、支援の取り組みを続けていきたいと思います。

 そして名古屋・白川公園では、愛知県弁護士会が主催した「違憲の安保法制の廃止に向けて立憲主義の回復を求める愛知大集会」が2800名の参加で開かれ、ユニオンも10名規模の組合員・家族が参加しました。集団的自衛権の行使を認める安保関連法が強行成立させられてからちょうど半年であり、また29日にはこの法の施行が予定されていますが、改憲の動きも進む中で、平和憲法をないがしろにすることに反対していこうという意志を、参加者一同、集会と、栄市街のパレードで示してきました。(追記(4月3日):29日に開催された「安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会」主催の「安保法制施行に反対する3.29あいち緊急行動」(800名参加)にも、組合員有志が参加し、施行反対の声をあげました)

 この集会にユニオンも参加することとしたため、19日・20日の二日間行った定期大会前の大会準備会議は、通常は1日目は昼から開始し、1日目で大半の時間を費やすのですが、今年は1日目は夜少々行ない、2日目に主要に議論を行ないました。この準備会議で、大会に提案する議案を基本的に完成させるので、時間をかけて議論します。長丁場ですが、がんばって議論を行ないました。

 ユニオンも他団体と連帯した取り組みも行ないつつ、開催まで一か月を切った定期大会の成功のためにがんばっています。ぜひ定期大会を成功させて、ユニオンの前進を切り拓きましょう。


『ふれあい通信』作成・第11回運営委員会

 昨日(12日)午後3時から、『ふれあい通信』作成作業を行ないました。今回も一定の人数が参加して行なったのと、運営委員会での確認が必要な、次期運営委員選出などに関する印刷物を同封する必要があったため通常行なう発送作業を先延ばしにしたこととのせいで、早めに終わることができました。お疲れ様でした。

 そして午後6時から、第11回運営委員会を開催しました。今回はあと一か月に迫った定期大会を前にしての準備に関する議論・確認が中心になりました。今後、先月の組織強化会議での議論を受けて執筆し、この日配布された大会議案第一次案を基に、19・20日の大会準備会議で、今期の総括と次期に関する方針をまとめた議案を確定するための議論を行ない、次回の4月2日の運営委員会で最終確定します。また、次期の運営委員に関しても、この運営委員会での確認のうえで、『ふれあい通信』と同封した文書などでの公示を行ない、立候補受け付けを開始します。大会の成功のためには、成立のための定足数の確保も含め、組合員の皆の協力が不可欠ですので、がんばっていきましょう。よろしくお願いします。


メッセージを送る