So-net無料ブログ作成
検索選択

『ふれあい通信』作成・第3回運営委員会

 本日(8日)午後1時より、『ふれあい通信』作成作業をユニオン事務所で行ないました。最初は人数がやや少なめでしたが、だんだん参加者が増えて、何とか終わることができました。その後の発送も無事終了しましたので組合員の皆さん、全国の各ユニオンをはじめ、送らせていただいている皆さん、ぜひユニオンの活動のまとめにもなっているこの『ふれあい通信』を味読していただくよう、お願いします。


 そして午後6時からは、第4回運営委員会を開催しました。今回は特に、ユニオンの維持・拡大と組合費の兼ね合いに関しての議論を行なったりもしました。けっして豊かとはいえないユニオンの財政は、組合費で支えられているわけですが、労働者全体がけっして豊かとはいえない生活をしている中で組合費を支払う義務を負う組合に参加しようというモチベーションをいかに保つことができるか、そしてどう組合を拡大していくか・・・先日の東海ネットの学習・交流会でも話題になりましたが、運営委員会での議論でも、具体策についても、それを提案する運営委員それぞれの問題意識もいろいろあり、簡単に結論がさせる問題でもないため、今後も議論を継続していくこととなりました。また、こういうシビアな話とともに、交流企画もいろいろ活発に予定されているという話も出たり、活動の基本である交渉や裁判など、また学びの企画、また、安倍政権の追求と関係する話なども出たり、で、組合員のいろいろな希望の実現をめざして、運営委員もいろいろがんばっていく、ことを確認しました。


 運営委員会で話し合い、確認し、決めたことを軸に、ユニオンの活動は進みますが、それが組合員の意向に沿っているかどうか。『ふれあい通信』は広報の手段でもありますが、また組合員の意向も、投稿などで示されたりもします。運営委員はユニオンの前進のためにがんばっているつもりですが、それが単なる「つもり」にならないように心がけたいです。皆さん、『ふれあい通信』も含め、せっかくの組合費で運営されているわがユニオンのさまざまな手立てをいろいろ活用して、ユニオンの前進のためにがんばっていきましょう。





 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る