So-net無料ブログ作成
検索選択

集団的自衛権と秘密保護法に反対する集会に参加

 本日(20日)、秘密保全法に反対する愛知の会主催の「戦争をさせないために 集団的自衛権と秘密保護法に反対する大集会&デモ」が名古屋・若宮大通公園(矢場町)で開かれ、2000名を超える参加者で成功しました。私たちユニオン運営委員会での議論もふまえてユニオンとしてこの集会に参加することを決め、10名規模で参加しました。

 集会は、矢崎弁護士の司会で午後6時30分に開始しました。まず主催者あいさつを浜島事務局長が行った後、発言が続きました。愛知県弁護士会の鬼頭さん、秘密保護法廃止を求める岐阜の会の戸田さん、高校生の飯尾さん、戦争をさせない1000人委員会あいちの飯島さん、立憲フォーラムの近藤さん、愛労連の榑松さん、戦争体験者の大脇さん、愛知県保険医協会の板津さん、がそれぞれの立場から、安倍政権の戦争できる国づくりの強行に対して反対の姿勢を示し、運動の重要性を訴えました。そして「日本に戦争をさせない~『集団的自衛権行使容認』に反対し、『秘密保護法』の廃止を求める集会宣言」を採択し、最後に中谷共同代表が気迫を込めた訴えを行なって集会を終えました。集会は労働組合や平和・女性・弁護士などの各団体ののぼりが林立し、参加者も発言に掛け声をかけたり音を出したり、また、ワールドカップ開催中にちなんでか、「戦争反対」のレッドカードを掲げたりして呼応し、活気のある雰囲気を醸し出しました。

 続いて栄周辺のデモに移りました。沿道の多くの人の注目を集めながら元気よく行進し、若宮大通公園近くで流れ解散となりました。その後、ユニオンの参加者は懇親会を行ない、交流を深めました。その中で、この集会の参加者と非参加者との違い、ユニオン内での参加者と非参加者との違いをどう埋めていくか、という意見も出ました。

 参戦の可能性という国民全体にかかわる重大事が、国民と切り離されたところで、内閣のあわただしい折衝で決められようとしているのですが、そうした状況を、国民の側が、違いを埋めきれないために、容認してしまっているかのようになってしまっていることも、大きな問題です。来たる7月19日にユニオン主催で行なう公開学習会は労働問題をとりあげますが、同時に、平和と民主主義にかかわる重大事に対しても、ユニオン内外で議論を重ねながら、地道に取り組んでいきたいと思います。労働者や社会の現在と未来にかかわる問題に、ユニオンとしても無関心ではいられないでしょうから。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

いち労働者

ユニオンの活動に理解はしてますが、集団的自衛権行使反対の活動を表立ってやることは、却って労働者のユニオン離れを招くものと危惧します。労働者のための政権反対活動ではなく、反対のための反対活動になっていませんか。
by いち労働者 (2014-06-24 12:50) 

醤

コメントありがとうございました。私の意見ですが、「集団的自衛権行使反対の活動を表立ってやること」は、今、「労働者のための活動」になるのではないかと思います。戦争できる日本になれば、労働組合の活動が抑圧される危険性は高いでしょうし、そもそも労働者は戦争に協力しなければならないのでしょうか。そういうことに反対するのがしかし「反対のための反対」になっている、というのは、どういう意味でしょうか。推測すると労働組合にしては政治色、反対色が強いという意味でしょうか。確かに平和運動は労働組合の主要な活動ではないでしょう。しかし、今あえて、こういう問題には労働組合がかかわっていく必要があるように思えるのですが、いかがでしょうか。
by (2014-06-25 02:47) 

いち労働者

安倍政権憎しで、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという反対活動に捉えられてしまわないかと言うのが反対のための反対活動と言う意味です。国会でそれを繰り返した民主党の凋落を他山の石とすべきではないかと感じます。
企業に理不尽な仕打ちを受けた労働者の拠り所として草の根的なユニオンのスタンスと、こういった集団的自衛権行使に対する運動は、少々距離があるように感じます。この辺りは、ユニオンのスタンスによる所が大きいかと思いますが、そのスタンスを明確にしたうえで、参加する・しないを決定すべきではないでしょうか。
by いち労働者 (2014-06-25 12:56) 

醤

ユニオンのスタンスは「企業に理不尽な仕打ちを受けた労働者の拠り所」が基本で、時には「世界でいちばん企業が活躍しやすい国」づくりを進める政権の理不尽な政策に反対する場合もあるということではないかと私は思います。今回は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」からではなく、集団的自衛権行使は理不尽な問題だと考え、参加したということだと思います。
by (2014-06-26 20:15) 

いち労働者

ところで、今まで頂いた返答を再度見返して気になったのですが、集団的自衛権行使反対運動は貴組合の方針であり、組合員は強制参加なのでしょうか。
そういった政治活動よりも、目の前の争議案件にもっと注力して欲しいと考える組合員はおらず、全員組合に満足しているうえで、こういった反対運動を行ってらっしゃるのでしょうか。
by いち労働者 (2014-07-02 12:40) 

醤

集団的自衛権行使容認の閣議決定を前にした集会に参加することを運営委員会で確認し参加したということであり、今後どういうかたちで取り組むかは、取り組まない可能性も含め、今後議論していくことでしょう。強制参加という性質のものではありません。戦争は強制参加ですが。
「政治活動よりも目の前の争議案件にもっと注力してほしいと考える組合員」もいるでしょうし、「全員組合に満足」しているとも言えないかもしれませんが、現在の組合の在り方としては、争議案件に取り組みの軸を置きながら、時には時々の政治的な問題にも関わる場合もあるということではないでしょうか。それに、争議案件に取り組むということにしても、それを可能にする労働組合の権利が侵害される危険もある中では、それ自体もある種政治活動とも言える気がします。

by (2014-07-10 23:31) 

いち労働者

お返事ありがとうございました。結構時間がかかりましたね。貴団体が国民生活を脅かす懸念を軸に集団的自衛権の行使容認に反対していることは伝わりました。その上で伺いたいのですが、

1.先のコメントで「戦争は強制参加」とありますがどういう意味ですか。
私の質問である「政治活動は強制参加か」を受けてこちらのワードを用いられましたが、貴団体は、戦争と政治活動を同列に捉える団体であるということでしょうか。
2.集団的自衛権無しに、海外に居住している法人を、どのように助けるべきとお考えでしょうか。
3.集団的自衛権と、シーレーンの確保は切っても切り離せませんし、輸出入に必要な航路の確保は国民生活に直結しますがが、こちらはどのように考えていらっしゃいますか。
by いち労働者 (2014-07-14 12:47) 

醤

当ユニオンが集団的自衛権反対の集会に参加した際の一般的な確認と思われることを当方の責任で述べてきましたが、具体的な内容については必ずしも議論がまとまっているわけではありません。個人的意見をこれ以上述べる場でもないし、当方が個人的意見と断っていてもユニオンの意見として受け取っておられるようですのでなおさら必要性に疑問を感じます。よって、具体的なことでのコメントは控えさせていただきます。
by (2014-07-15 20:12) 

いち労働者

個人的意見とおっしゃいますが、「私の意見ですが、」とそちらが断ってお話されたのは一番最初の返事の一番最初だけです。その後は、「ユニオンのスタンスは」等、ユニオンを代表されて発言なさってると受け取られてもおかしくない言い方をされております。そもそも、デモに貴団体として参加され、またこのようなブログを運営なさっている以上、あるときは個人あるときは団体では、発言に重みが無くなりますよ。貴団体が争っている企業の社長が、「これはあくまで個人として行っていた事なので、会社は関係ない」を言い訳に持ちだしたら、抗議されませんか?同じことです。 
by いち労働者 (2014-07-15 21:49) 

醤

当方は運営委員でこのブログを運営している立場ですので、ユニオンとしての意見と個人としての意見との区別があいまいになるところがあるかもしれませんが、先ほど申したように、これ以上内容上の詳細については個人的意見が全面に出かねませんので、控えさせていただきます。
by 醤 (2014-07-15 22:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る