So-net無料ブログ作成

三河支部会議を開催

 昨日(8日)の午前、岡崎げんき館にて三河支部会議を開催しました。今回は初めて会議に参加した日本人・ブラジル人組合員や家族を含め、20名ほどが参加しての賑やかな会議となりました。大会後初めての三河支部会議でしたが、震災・原発事故の影響が及ぶ中、震災後仕事がなくなったとの理由で派遣会社を解雇されたりしているが、解雇されたのは女性だけでおかしいと訴える女性ブラジル人組合員や、有給休暇分を支払わない会社に労基署の勧告により支払わせた男性ブラジル人組合員などが自己紹介を兼ねて発言したり、初めて参加した組合員も順次自己紹介したりしました。そして、今後、会社への団体交渉などを取り組んでいくことを確認しました。

 ポルトガル語が飛び交う中で日本人組合員にはわからないところもあったのですが、ブラジル人組合員同士の交流が深まるだけでも、大きな意義があると思います。三河支部会議の特徴として、この点は今後も継続できればと思います。尾張方面から初めて参加した日本人組合員も「大事なことを話し合っているのがわかりました」と感想を述べてくれたように、三河支部の重要な取り組みとして、今年も月一回開催を基本に、続けていきたいと思います。次回は6月5日(日)午前10時から、同じ岡崎げんき館で行いますが、いつもより狭い部屋しか空いていなかったので、窮屈になるかもしれませんが、ご勘弁を。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

mame

朝からの会議、集会参加、取材とお疲れ様でした。
支部会議20名も参加されてるとのこと、すごいですね。

6月11日に脱・原発の全国統一のアクションが予定されていますが、機関紙作成日と重なってますね。多分時間も重なりますね。何とかならないですかね?
by mame (2011-05-10 00:36) 

醤

 mameさん、コメントありがとうございます。支部会議の20名は実は子供も含んでいるので、組合員だけ数えると少し減りますが。でも、ブラジル人組合員は家族ぐるみで参加したりするけれど、日本人組合員の場合、家族ともども参加するというケースは少ない気がします。組合を長く続けるには、家族の協力や理解も必要でしょうね。

 ユニオンの定例行事はなかなか動かしがたいですが、原発アクションの方も大事だと思いますし、その成功に協力する必要もあると思いますので、
そちらに参加していただいてもいいと思います。私もどっちに参加するかわからないですけど。それにしても、土日はいろんな行事が重なりがちですが、ユニオン員がいろいろ顔を出して協力しあうことは、いいことではないかと思います。 
by (2011-05-10 18:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る