So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「労働法制改悪阻止!6・19全国一斉行動in東海」を実現

 本日(19日)、コミュニティユニオン東海ネットワークは、労働組合を中心に結成し労働法制改悪阻止をめざす全国キャラバンを取り組んできた全国運動実行委員会での確認のうえで全国ネットがよびかけた全国一斉行動を、名古屋で取り組みました。本日は、参院厚労委での「働き方改革」法案の強行採決が予想され、それを阻止するために国会前をはじめとした行動が取り組まれたのですが、実際には、政府・与党は、反対の声も考慮して、審議のみで採決は先送りし、国会の会期延長をしようとしてきました。こうして法案をあくまで成立させようとしている安倍政権に対し、私たちは抗議の声をあげ、労働者・市民にもともに反対しようと呼びかけました。


 午後12時半、名駅ミッドランドスクエア前に、東海ネットに加盟するユニオンみえと当ユニオンを中心としたユニオン、さらに14日の朝の街宣後の労働法制改悪反対実行委員会での要請などを通じて参加していただいた団体の方、総勢20名ほど(うち当ユニオンから半数弱)が集まりました。そして、当ユニオンの司会で、のぼり・横断幕を立て、チラシをしながらの、ユニオンみえの街宣車の拡声器を使用しての訴えを開始しました。石川翼安城市議(愛知ユニオン)・当ユニオン・ユニオンみえ・名古屋過労死を考える家族の会(内野博子さん)・東海労働弁護団・愛労連・全トヨタ労働組合・愛知連帯ユニオン・愛知働くものの健康センターの方々がそれぞれ、さらに過労死を生みかねない高度プロフェッソナル制導入をはじめ、労働者にとって許しがたいこの法案の成立を阻止しようと訴えました。発言は訴える力があり、チラシの受け取りも良く、多くの注目を集めました。


 1時間超の訴えを終え、続いて、ミッドランドスクエアに入居するトヨタ自動車に対し、過去過労死を生み出しながらも高度プロフェッショナル制を導入する法案の成立を支え、社内へも導入しようとすることを許さない申し入れ書をコミュニティユニオン東海ネットをはじめとした各団体からの数名が手渡しに行きました。トヨタ自動車側は東海ネットの代表者二名のみを応接室に通して申し入れ書を受け取りました。外では残った参加者が引き続き宣伝行動を行ない、1時間近く経って戻った代表団からの報告を受けて、ミッドランド前の行動を終了しました。


 その後、残った参加者で、立憲民主党・公明党・自民党のそれぞれの愛知県連ないし県本部事務所を訪れ、それぞれ申し入れ書を渡してきました。立憲民主党には激励、公明党・自民党には高度プロフェッショナル制導入反対の意志を示す行動になったのですが、国会での法案成立を阻止するために、こうした行動を取り組みました。


 これで本日の行動は終了しました。法案は本日の審議をも口実に、21日にも厚生労働委で採決する可能性も云々されていますが、法案の強行採決を許さず、そして仮に成立させられたとしても空文化させるような、粘り強い闘いを、今後も続けていきましょう。21日の朝にも宣伝行動を予定していますが、それ以降も、取り組みを続けていきます。来月28日の公開学習会も予定していますので、皆さん、がんばりましょう。お疲れ様でした。

nice!(0)  コメント(0) 

映画鑑賞会を開催

 本日(16日)午後6時40分から、ユニオン事務所にて、映画鑑賞会を開催しました。参加者の都合で設定したこの開始時間には、10名程度が集まりました。

 鑑賞した映画は2014年に韓国で公開された『明日へ(原題は「カート」)』。この映画は、07年に大手スーパーで有期雇用の非正規女性労働者らが突然の解雇に対して労働組合を結成し職場を占拠して510日間の長期ストを闘ったという実際の闘争をモデルとしていました。映画はこの実際の闘争をそのまま再現したわけではないのでしょうが、女性労働者が虫けらのように職を奪われることに対し抵抗する中で、家族・生活上での悩み、会社の強硬な姿勢、これと対応した警察の弾圧・暴力集団の襲撃、などにさらされ、分裂や孤立や負傷や拘留や挑発へのひっかかりも経つつも、最後には、アルバイト労働者として同様にないがしろにされた子供との共感を得たうえで、分裂した同士が再び連帯して「明日へ」つながる闘いを切り拓いていくという姿を描いていて(ネタバレですみませんが)、日本などの労働者にとっても共通した問題を浮き彫りにして、感動的でした。映画の後、交流担当の組合員によるパワーポイントを活用した韓国紹介や、この争議が、今年、闘争の成果としてすでに無期契約への転換を実現した争議参加者も含め、正規職としての採用をかちとるという成果を実現したという記事を掲載した参考資料も配布されてイメージを湧かせたうえで、参加者が感想を述べ合いましたが、それぞれ、自身の体験などと重ねて映画を共感しながら観ていたと語り、交流も深めることもできました。


 次に予定されている交流企画は、8月14日(火)の濃尾花火大会の鑑賞ですが、5月に中止となったハイキングなども含め、交流企画も随時開催する予定です。組合員の皆さん、お気軽に参加してください。




nice!(0)  コメント(0) 

三河支部会議を開催

 本日(10日)午前10時より、岡崎げんき館にて、三河支部会議を開催しました。今回は日本人・南米人合わせて10数名の参加で、新たな参加者はいませんでした。議題は、それぞれの参加者が現在追求している問題、とりわけ、浅賀井製作所で、夏季一時金などについての要求をどうまとめ取り組んでいくか、についてが中心になり、その他ユニオンのもろもろのとりくみについての確認を行ないました。議論も活発に行なわれ、意義ある会議となりました。


 次回は7月15日(日)午前10時から、岡崎げんき館にて行ないますので、参加をよろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

労働法制改悪反対の街宣・第2回運営委員会

 本日(9日)正午より1時間ほど、労働法制改悪反対実行委員会は、名駅ミッドランドスクウェア前で、「働き方改革関連法案」成立に反対する街頭宣伝を行ないました。弁護士、労働組合員、合わせて10数名ほどで、チラシを挟んだティッシュを道行く人々に配布しました。当ユニオンからも、三河支部からも含め。その半数近くを占める人数で、8時間労働制の破壊を許さない旨を訴えた横断幕も掲げて、元気良く参加しました。


 マイクでの宣伝では、過労死裁判など、労働事件に関わってこられた弁護士の方々が、法案の危険性をわかりやすく訴えました。ちょうど日本労働弁護団の会議が近くで催されたこともあって、京都の弁護士の方も関西弁で高度プロフェッショナル制などとんでもないと訴えてくださいました。労働組合からも、当事者として、この法案がでたらめな根拠づけで、労働者の権利を奪っていくひどい内容であることを、切実に訴えました。


 通行する人々も、ティッシュという受け取りやすさもあってか、チラシ単独の時よりも若者を含め受け取りは良く、また、ティッシュからチラシを抜き出して読み始めたり、励ましの声を掛けてきたり、横断幕を評価したり署名はないのかと言ってきたり、などなど、好意的な反応もいろいろあったことも、行動後に昼食をとりながらの話でも紹介されたりしました。労働法制改悪阻止反対実行委員会は、22日の集会以降も、7日の金山駅前での朝の宣伝に続き、本日も取り組み、今後も、全国の闘いと連携しつつ、取り組もうとしています。法案は先月25日の衆院厚生労働委員会での強行採決、31日の本会議採決により参院での審議に移っています。20日の会期切れまでに成立を果たそうと政府・与党は必死ですが、新聞や女性週刊誌などでも問題点が指摘されたりしており、法案の成立を許さない、またたとえ強行成立させられたとしても空文化させられるだけの、私たち労働者の力を、創り示していく必要があります。がんばっていきましょう。


 そしてユニオン事務所では、午後6時から、第二回運営委員会を開催しました。ここでは通常のテーマの報告のほか、前の記事で紹介したユニオンのとりくみや上記の労働法制改悪反対のとりくみについてなども報告され、多くの報告がされました。また、今後の取り組みについても、活発に議論をし、会議は予定時間を超えました。ユニオンの活動の発展のため、今後もがんばっていきましょう。


 

nice!(0)  コメント(0) 

この間の取り組みについて

 この間の筆者が参加していないユニオンの取り組みについて、本日(9日)の運営委員会で報告されたので、紹介します。


 まず6月2・3日、コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク主催の第6回ユニオンセミナーが開かれました。今年は名古屋での開催となり、会場はウィルあいちでした。全国のユニオンから次世代を担う20名超の参加者が集い当ユニオンからもスタッフを務めた鶴丸委員長を含め5名が参加しました。内容は、アメリカのレーバー・ノーツという労働団体が発行した本の日本語版などを参考にして、ワークショップ方式で、職場から運動をつくり組合を組織する方法について学ぶのが主でした。参加者は楽しく学べ、相互の交流も深めることができました。(全国ネット公式サイトに報告記事があります)


 また、ユニオンの活動を前進させるために、SNS推進部会(7日)・分会長交流会議(本日)なども開催したり、事務所移転やユニオン20周年記念事業なども検討しつつあります。今期新たに行なっているこれらの取り組みのほか、毎月行っている『ふれあい通信』作成作業も、12日(火)に行なえるように、本日すでに版下を作成し終わりました。また、労働法制改悪反対の取り組みも行なってきましたが、これについては別の記事で紹介します。


 運営委員もそうでない組合員も、ユニオンの新たな発展のため、力を合わせてがんばっていきましょう。



 

nice!(0)  コメント(0) 

争議交渉報告会・ユニオン学習会

 本日(26日)午後3時より、ユニオン事務所にて、争議交渉報告会を開催しました。交渉に取り組んだり、取り組もうとしている分会や個人などが参加しました。最初にユニオンで取り組んでいる案件全体の概要を説明した後、参加した分会・個人から、自身の案件についての詳しい紹介がされました。その後、今回は報告会で初めての試みとして、団交に取り組もうとしている個人組合員のケースに関して、模擬団交を行ないました。組合側・会社側を演じた組合員も、観客となった組合員も、当人を含め、イメージを湧かせつついろいろ感想を出し合うことができました。2時間ほどでしたが、充実した報告会となりました。


 続いて午後6時から、ユニオン学習会を開催しました。まず最初に、個人加盟制のユニオンを紹介した全労連作成のDVDを観て、ユニオンについて改めて自己認識を深めた後、今期の年間計画を、参加者で意見を出し合いながら立てました。前期と大枠は一緒ですが、今期は昨年できなかった公開学習会を開催する予定も立てました。今後、運営委員会で最終確認したうえで、順次催していく予定です。


 争議交渉報告会もユニオン学習会も、意義ある会ですので、組合員の皆さんの積極的な参加をよろしくお願いします。


 

nice!(0)  コメント(0) 

労働法制改悪反対集会に参加

 昨日(22日)午後6時半から、名古屋・栄ガスビルにて、労働法制改悪反対集会が開かれました。この集会は、日本労働弁護団が主催した東京・日比谷野音集会や、札幌・大阪・福岡での集会・街宣と同時開催で、東海労働弁護団が主催しました。私たちユニオンも、東海ネットを代表して副委員長があいさつするなど、集会の成功のために奮闘しました。


 集会が始まると、さっそく日比谷集会の中継に移り、棗一郎・日本労働弁護団幹事長の情勢報告の映像が流れました。続いて、愛労連から榑松議長、東海ネットからわがユニオンの副委員長があいさつしました。榑松議長は「働き方改革」と言うが、その本質は働かせ方の規制緩和が本質だと、種々の例を挙げて述べ、わが副委員長は、全国キャラバンの取り組みや、過重労働に追い込まれた組合員の事例などを報告しました。続いて、連合愛知佐々木会長、立憲民主党吉田・近藤議員、日本共産党本村議員のメッセージが紹介されました。


 さらに、現場からの報告として、まずエキタス東海の熊谷さんが、自身の過重労働の体験も交えて法案に反対する決意を発言しました。その後日比谷集会と繋いで、「高プロは廃案に!」「強行採決絶対反対!」と書いたフライヤーを掲げながら参加者で声をあげました。その後報告に戻り、全員が有期契約労働者の幼稚園で雇い止めされた増田さん、名古屋過労死を考える家族の会の、トヨタ自動車に勤務していた夫の過労死の労災認定をかちとった内野代表世話人、がそれぞれ、体験を交えつつ発言しました。増田さんは無期転換直前に雇い止めされた怒りを込め、内野さんは、法案での「時間外労働の上限規制」でかえって過労死の労災認定ができなくなりかねないとの問題点の指摘も含め過労死への怒りを込めて発言しました。


 続いて、愛知大学の金井幸子准教授が、働き方改革関連法案の問題点について40分ほど講演しました。金井准教授は、愛知大学教職員組合の委員長もされているとのことで、法案の問題点について、非正規労働者と正社員の格差は是正されるか、長時間労働は是正されるか、について、大学での労働の現状もふまえつつ、わかりやすく話されました。その後質疑に移り、組合員の現状の紹介に対して講師がコメントする、というようなかたちで10分ほど応答がありました。


 最後に東海労働弁護団の樽井幹事長が、働き方改革関連法案に反対しつつ、働き方を改めていくことにも取り組んでいこう、と呼びかけて、集会を終了しました。法案は、25日にも微修正で一部野党を取り込みつつ衆院厚労委で強行採決されようとしていますが、成立を許さないため、今後も労働法制改悪反対実行委員会の街宣などに、積極的に取り組んでいきましょう。


 

nice!(0)  コメント(0) 

三河支部会議を開催、など

 本日(20日)午前10時より、岡崎げんき館にて、三河支部会議を開催しました。今回は南米人を中心に20名規模という多くの参加で行ないました。内容も、参加した南米人に関する問題についての検討が中心になりました。増える南米人の相談に対応するにはどうするか、などが問われていることを、改めて感じました。


 次回は6月10日(日)午前10時から行ないます。参加をよろしくお願いします。


 また、先週の日曜日に予定していた志段味古墳ハイキングは、10人近い参加が予定されていたにもかかわらず雨で中止となりました。ハイキングは昨年も中止となり、中止続きですが、屋内外の交流の種々の催しは今後も企画されると思いますので、こちらも参加をよろしくお願いします。


 <追記(23日)>ハイキングは延期だそうです。いつ行うかは改めてお伝えすることになりますので、よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

5・19安倍内閣の暴走を止めよう!集会・豊橋学習会

 本日(19日)午後1時半より、名古屋・光の広場にて、安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会の主催で「安倍内閣打倒!憲法改悪阻止!5・19安倍内閣の暴走を止めよう!集会・デモ」が800名の参加で開かれました。当ユニオンからは、今年10月に全国交流集会が開かれる盛岡での全国運営委員会や団交への出席者もいたこともあり数名の参加でしたが、改憲などでの安倍内閣の暴走ぶりに対して、共に反対の声をあげてきました。


 集会では、野党の発言が続いた後、改憲・朝鮮・沖縄・安保法制に対して取り組んでいる方々の発言が続き、最後に共同行動の長峯共同代表が安倍政権の疑惑隠しについて述べました。これらの発言を通して安倍内閣のさまざまな問題が浮き彫りになり、また栄を一周するデモでも、いつも以上に沿道の人々の関心が高いように感じられました。労働法制改悪も、改憲も、平和問題も、労働者にとって切実な問題です。このかん、3000万人署名などにも一定取り組んだりもしてきましたが、今後とも運動を進めていきましょう。


 そして午後6時半からは、豊橋カリオンビルにて学習会を行ないました。今回は一昨日の全国キャラバンで配布したチラシを題材に「働き方改革」法案について学習し、活発に討論しましたが、チラシの内容が結構難しく、22日の名古屋・栄ガスビルでの集会でも学んでいく必要も感じました。次回は7月7日に行ないますので、参加をよろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

労働法制改悪阻止!全国キャラバン、東海をリレー

 一昨日(16日)から本日にかけて、労働法制阻止!全国キャラバンが、東海各県をリレーしました。一昨日の三重、昨日の岐阜・愛知、そして本日の静岡と、23日にも衆院厚労委での強行採決が懸念される現在審議中の「働き方改革」法案成立を阻止しようと訴える行動を、コミュニティユニオン東海ネットに参加するユニオンなど、各県の団体が取り組みました。


 昨日は、一昨日の三重の行動にともに参加してから、三重の行動を主催したユニオンみえの街宣車をお借りして、翌日の朝、岐阜まで運転してきた当ユニオンの鶴丸委員長をはじめ、他に2名が、当ユニオンから岐阜での行動に参加しました。岐阜では、名鉄岐阜駅前で、午前8時半から1時間、正午から1時間、岐阜一般労働組合・東海労働弁護団の皆さんとともに、街宣・チラシ配布を行ないました。合間には、法案の問題点を訴えたエンドレスCDを流しながら岐阜市内を巡ったりもしました。


 その後名古屋市内に移動し、午後3時から1時間、名古屋・栄噴水前で、総勢20名規模で、街宣・チラシ配布を行ないました。当ユニオンから10名近く参加し、発言もした他、愛労連・焼津ユニオン(静岡)・東海労働弁護団・愛知健康センター・ユニオンと連帯する市民の会の方々もそれぞれ発言されました。そして名古屋市内をエンドレスCDを流しながら巡ったりした後、午後6時半から1時間、名駅東口で、総勢20名規模で、街宣・チラシ配布を行ないました。愛労連・焼津ユニオン・エキタス東海・全トヨタ労組・愛知健康センター・東海労働弁護団の方々が発言されたほか、当ユニオンからも10名を超える参加で、ユニオンとして、また東海ネット事務局として、発言もしました。また、笹島日雇労組の方も参加していただきました。


 当ユニオンは最後に食事を兼ねて一言感想会を近くの店で行ないましたが、先月26日に続き11日にも行った名古屋市内の地下鉄駅頭での朝の同趣旨のチラシを折り込んだティッシュ配布に比べればチラシの受け取りは悪かったものの、チラシ配布としては受け取りは良く、また、声をかけてきた通行人がいたりなどもして、関心は一定あることを実感したことなどが話題になりました。この全国キャラバンは22日の東京・日比谷野音での集会で終えますが、その日は名古屋栄のガスビルでも集会を行ないます(18時半から)し、労働法制改悪反対実行委員会としての、地下鉄駅頭での朝のティッシュ配布も、国会会期末まで適宜続ける予定です。種々の問題点をもつ今回の法案成立を阻止するため、その他の取り組み含め、今後もがんばっていきましょう。皆さん、お疲れさまでした。

 

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る